Home » 今すぐできる祖父母孝行 » 孫の様子をTVに送る「まごチャンネル」

孫の様子をTVに送る「まごチャンネル」

孫の写真や動画を見せたい

最近では核家族化も進んでいますし、地元を離れて生活をしているという人も多いです。
そうするとなかなか両親に我が子と会わせる機会がなく孫の成長を見せられないと悩んでいる人もいます。

ただ、今はスマートフォンがありますしインターネット環境も整っているので写真や動画で様子を見せることが可能です。
とはいえ、シニアの中にはスマートフォンがうまく使えず写真や動画を見られないという人もいます。

そこでおすすめなのが「まごチャンネル」です。
全国どこにいても使うことができますし、海外でも使うことのできる国があります。

まごチャンネルが便利な点

まごチャンネルはスマートフォン2つ分ほどの本体とケーブルを接続して使用するものです。
スマホの画面で写真や動画を見るだけでなく、テレビでも見ることができます。
目が悪くなってきて小さい画面では見にくいという人でもしっかりと映像を見ることができる点が便利とシニアに愛用者が多いです。

操作もしやすいですし、動画や写真が新たに登録されるとアプリでの通知だけでなくルーターが光ってお知らせしてくれるという点でも使い方がシンプルでわかりやすくなっています。
センサーでお知らせが来れば、機械が苦手な人たちもわかりやすく便利です。
さらに、スマートフォンのように大きなバイブや大きな着信音が鳴らないのでいつでも送りやすいという点では送るほうにもメリットがあります。

さらに送った側には通知を送った結果、動画や画像を見たかどうかの通知が来るという点でもとても便利です。
通知が来れば送ったデータの確認をしたということがわかります。
これは安否確認ができるという点で離れた地域に住む家族にはとてもありがたい機能です。

また、実家の両親だけでなく義両親に送るのはメールやLINEだと文章を付けなければならず億劫に感じる人も多いですし、お互い気を遣う部分があります。
しかし、ただデータを送っておくだけで時間の余裕のある時に確認してもらうという形が取れるとデータも送りやすいです。

まごチャンネルにかかる費用や手続き

まごチャンネルを利用したい場合には端末の代金と毎月のサービス利用料がかかります。
購入をしたらアプリのダウンロードと利用開始の手続きが必要です。
また、自宅に受信ボックスが届いたら接続をして利用するための準備も必要になります。

これらの手続きはわかりやすい説明書がついているのでシニアでも迷うことなくできることがほとんどです。
ただ、中にはこういった機械の操作が苦手な人も多くいますから、そういった場合には出向いて設置をして使い方を一通り説明しておいた方がきちんと使ってもらえ安心できます。