Home » お別れに備える » 生前葬という形

生前葬という形

生前葬とは

生前祖というのは名前の通り、生きている間に行われる葬儀です。
当然ですが、一般的な葬儀では自分が亡くなってから行われるために生きている状態で参加をすることはできません。

また、葬儀のことで自分が亡くなってから家族に負担をかけることにもなってしまいます。
そこで、生前のうちに葬儀をしてしまおうと考える人も多いです。

ただし、生前葬はまだまだ一般的なものではないために行いたいと思ってもその方法がわからない、どういった形で葬儀を進めればわからないという人もいます。
対応できる葬儀社もすべてではないですしトラブルも起きていますから事前にきちんと葬儀のルールを知っておくことが大切です。

生前葬の概要

生前葬は一般的な葬儀と違い特に決まったルールがありません。
そのためその人の裁量で生きているうちに葬儀の形をとることになります。
多くの場合には御世話になった家族や知人、友人に対して感謝の気持ちを伝えるために行います。

生前葬については決まりがないですから主催者が自分の希望によって行いたいものを取り入れることが可能です。
ただ、あまりにも砕けたものにすると葬儀の意味が亡くなってしまうので、過去の生前葬の内容も参考にすると決めやすくなります。

生前葬として多くの人たちは完敗をして会食形式で会を進めるのが一般的です。
その中で主催者や招待客のスピーチを取り入れたり、余興をしたり、思い出の映像を上映したり、生演奏をしたり、といったことが行われます。
最後には招待客の見送りと会葬の贈り物を贈呈する形式が多いです。

会費についても人によって違っており、会費制をとる場合もあれば全く必要ないとする場合もあります。
費用としては案内状や会場費用、運営スタッフの人件費、といったものが必要です。
会葬のお礼といったものも含めるとある程度の金額になるので会費は食事代のみ取るという場合もあります。

生前葬のメリット

生前葬のメリットとして自分から直接感謝の気持ちを伝えられるというのがとても大きいです。
一般的な葬儀では自分が亡くなっているために皆が集まってくれてもきちんと感謝の気持ちが伝えられません。
自分の口から伝えられるというのはとても大きなメリットです。

次に自分で葬儀のスタイルを決められます。
一般的な葬儀よりも自由度が高いので、葬儀ではできないようなことも行えます。

さらに、形式によっては一般的な葬儀よりもかなり低コストで行うことが可能です。
もちろん行う会場や会費によっては自己負担が大きくなることもありますが、葬儀よりもかかる費用を抑えることができます。

生前葬の注意点

まだまだ新しい形の葬儀であるために配慮も必要です。
参列する人の中には生前葬に参列したことのない人もいるので、きちんと事前の案内で説明を丁寧に行う必要があります。

また、亡くなった後の葬儀をどうするかということも問題です。
社会的に地位があると生前葬をしたから火葬と納骨のみとするのが難しい場合もあります。
家族の意見もありますからきちんと確認したうえで皆が納得できる形をとるようにしましょう。