Home » お別れに備える » 自作「戒名」の作り方・ポイント

自作「戒名」の作り方・ポイント

戒名とは

戒名とは人が亡くなった際につけられるものです。
あの世に行くと仏様の弟子になるために今までとは違った名前になります。
この名前は仏教では特に上下関係はないとされていますが、実際にはランクがあり戒名によって戒名料の金額は違うとされています。

特にこだわりがなければ一般的な戒名にしたりご先祖様の戒名に合わせたりすることがほとんどです。
しかし場合によっては特別な戒名にするということもできます。

戒名は自分でつけることもできる

戒名をつけるのは一般的に僧侶であり、葬儀の際に戒名をつけてもらうものです。
故人の名前を使ったりご先祖様の戒名を使ったり、故人の好きだったものやゆかりのあるものの漢字を入れたりといったことをしてもらえます。

しかし、戒名は自分でつけるものも可能です。
最近では終活の一環として自分の戒名を自分で決めるという人もいます。

戒名を自分で決める際には菩提寺への相談を

戒名を自分でつけるにあたって大切になってくるのが菩提寺への確認です。
戒名というのはお寺や社会に対して貢献をした個人が仏様の元にいくにあたってつけられるものであり、基本的には菩提寺でつけられます。

そのため、菩提寺に何も確認せず勝手に戒名をつけてしまうと菩提寺の意向を無視することになり失礼になってしまうのです。
菩提寺によっては自分で戒名をつけることを許可していない場合もあります。
そこで、最初に菩提寺に戒名の相談をしておきましょう。

戒名には作り方がある

自分で戒名を作るからといってなんでもいいわけではありません。
やはり、戒名にはルールがありますからそれに従うべきです。

戒名は院号(いんごう)、道号(どうごう)、戒名、位号(いごう)という4つのものから構成されています。
そして、それぞれはきちんと意味のあるものです。

院号は仏教に深く帰依したことを示したものです。
そのため基本的にはお寺に貢献をしている人がつけることができます。
ただ、最近ではお寺の関係とは別に院号をつけることができます。

道号は本人の性格や仕事、趣味といったものをもとに浸けるものです。
トンチで有名な一休さんの一一休というのも名前ではなく道号を意味しています。
一言でその人がわかるように言葉を選ぶことが大切です。

戒名は2文字で書かれますが、基本的には自分の名前から1文字取り、残りの1文字は尊敬する人からとってきます。
経典などからとってくるというのも一つの方法です。
浄土真宗の場合には戒名ではなく法名といわれており、3文字になります。

位号は戒名の位を示します。
決まっているものがあり、成人男性の場合には信士・居士・院信士・院居士、成人女性の場合は信女・大姉・院信女・院大姉など決まっているものです。