Home » お別れに備える » 葬儀の生前契約について

葬儀の生前契約について

終活での葬儀社選び

終活として最近では自分自身の最後の準備をしておこうという人が増えています。
遺産相続のトラブルを減らすために遺言書を書くのはもちろんですが、遺族の負担を減らすために葬儀社の契約や葬儀の準備をするという人も多いです。
また、自分の希望する形の葬儀があるという人はそういった葬儀をするために自分で葬儀社を選んだり葬儀のプランを選んだりもします。

ただ、まだまだ生前に自分自身が葬儀の準備をするという人は少ないです。
そのため葬儀の準備を自分でしたいと思ってもどういった形で準備をすればいいかわからないこともあります。
そこで、ここでは葬儀の生前契約について考えてみましょう。

葬儀の生前契約とはどういったことか

生前契約というのは葬儀の内容を生きているうちに自分で決めておくことです。
葬儀を行う際には家族に金銭的な負担もかかりますし、家族を失った悲しみの中で葬儀の準備に奔走させることにもなってしまいます。
また、自分の希望する葬儀をきちんと行ってもらえない可能性もありますから、事前に自分で葬儀の内容を決めてしまうのです。

生前契約をしておけば、自分が希望する葬儀の形式を選ぶことができますし、費用についても事前にきちんと用意をしておくことができます。
葬儀の際に家族への負担も減らすことができるという点で落ち着いて最後の別れをすることもできるのです。

葬儀を生前契約する際のポイント

生前契約をするにあたっては、事前に家族にもその旨を伝えておく必要があります。
まだまだ新しい葬儀の形であるために家族の中には納得できない人たちもいますから、事前にきちんと生前契約をしたいと思っていること、葬儀の内容をどういったものにしたいかということを伝えたうえで契約をしておきましょう。

家族の中には葬儀についての考えがあるという場合もあります。
また、契約をしていることを知らずほかの葬儀社で葬儀をしてしまったというトラブルもありますから、事前に生前契約をしたいと思っていることと、その葬儀の内容はきちんと伝えておくことが大切です。

葬儀社選びのポイント

生前に葬儀社の契約をすることはまだまだ新しいケースです。
そのため葬儀社でも経験がない、対応をしたことが無いということもあります。
そこで、生前契約への対応の有無はもちろんですが、きちんと安心して自分の葬儀を任せられる葬儀社を選ぶことが大切です。

せっかくの機会ですから葬儀社を選ぶ際にはいくつかの葬儀社に問い合わせをして比較検討をすると自分に合った葬儀社を見つけることができます。
完全に決めてから家族に事後報告をするのではなく、事前に葬儀の内容や希望しているプランといったものを伝えて問題ないか家族の意見をもらったうえで最終決定をしましょう。