Home » 高齢者との接し方 » 歩行介助のコツ

歩行介助のコツ

歩行介助とは何か

歩行介助というのは自分で歩けるように介助をすることです。
介護を必要としている人たちの中には自分で歩くことが困難な人は多いですが、全く歩けない人だけでなく手すりや支えがあれば歩けるという人もいます。
そいった人たちへの介助としてできるだけ自分で歩けるように歩行介助をするのです。

ただ、歩行介助の際には転倒防止のためにきちんと支える必要があります。
介助をしていても転倒することはありますし、中には骨折をしてしまうこともありますから細心の注意が必要です。

靴選びの大切さ

歩行介助をするにあたり、最初に気を付けるのが介護をされる人が歩きやすい環境を整えることです。
靴のサイズが合っていないと転びやすくなります。
また、ズボンのすそが長いと踏んでしまい危険です。

履くものは足のサイズに合っていることはもちろんですが転びにくいようにスリッパやサンダルのような脱げやすいものは避けます。
ただ、着脱が難しいものは着脱をしているところで転倒する可能性がありますから履きやすく、なおかつしっかりと足に合うものを選びましょう。

解除の方法に気を付ける

基本的に歩行介助をするにあたっては相手のそばに立って腰と脇を支える位置に立ちます。
ただ、人によっては前方に倒れやすかったり力が入りにくい場所があったりしますから、そういった際にはその人に合ったポジションに立つことが大切です。

杖を使っている人の介助をする際には杖を持たない方の斜め後ろに立つようにして杖のない方に体が傾くのを支えるようにすると転倒しにくくなります。
転倒する場所が読めない場合、腰に手を支えるだけでなく安全ベルトを着けるのも一つの方法です。

歩いている際の注意点

介助をするにあたっては相手の歩幅やペースに合わせて歩いていきます。
歩行可能な人もその人の筋力や足の状態によってはゆっくりしか歩けない人もいますから無理なペースで歩くと転倒の可能性があり危険です。
介助者が歩くペースを作ってリードをするのではなく、介助を受ける人のペースに合わせて歩くことが大切です。

また、目的地まで歩いて行こうとする際には転倒が怖くてどんどんと歩くようにする人もいます。
しかし、休憩を取らずに歩いていると転倒の可能性もありますから短い距離でも休憩を取り入れながら歩くようにしましょう。

無理をして歩くと転倒をしたりケガをしたりする可能性もあります。
転倒をして骨折をしてしまうとその部位が動きにくくなってしまったり、中には歩行ができなくなってしまったりすることになる可能性も高いです。
また、休憩の際に座った場合には立ち上がる際にふらつかないようにゆっくりと立つこと、支えるだけでなく手すりにつかまらせることも転倒防止になります。