Home » 高齢者との接し方 » 移動介助のコツ

移動介助のコツ

移乗介助を行う

介護をする中で介護者の体に負担がかかるのが移乗介護です。
介助を正しく行わないと介助者への足腰の負担もとても大きくなり傷めてしまうこともありますし、きちんと支えられないと転倒の危険もあります。
自己流で行うのではなく正しい方法を学んでおく必要があります。

また、最近ではいろいろな福祉用具があり、移乗介助に便利なものも多いです。
知っておくと毎日の介護も楽になります。

移乗介助の手順

移乗介助を必要とする人は筋力が低下をしていたり、骨折や麻痺をしていたりと様々な症状があります。
それぞれに対して移乗介助の方法は違ってくるものです。
ただ、基本的な介助の方法はありますから、まずはそれをおさえておきましょう。

たとえば、ベッドから車いすに移動する場合、足を床につけて座り、要介護者の脇の下と腰をもって介助者に引き起こしお辞儀をするように立たせるのが基本です。
その後、お辞儀をするように座り、最後に深い位置に座れるように腰掛けなおします。
要介護者はベッドや車いすから立ち上がった後、介助者につかまることができるので店頭を予防することが可能です。

移乗介助の注意点

介助をする中でも移乗介助は部屋を移動したりお風呂に入ったり沢山の場面で必要になります。
介助者にとっても介護の中でいつものように行う動作になりますから正しい対応をしてトラブルを回避したいものです。

移乗介助をする際には、普段あまり介助がなくても大丈夫という人でも起立性低血圧やめまいによって急に倒れることがあります。
そこで、ある程度自立できるからと安心して構えるのではなく万が一を想定してしっかり支えること、自分につかまるように声をかけておくことが大切です。

次に、ベッドや車いすに浅く腰かけている時に床に落ちてしまうことがあります。
一時的に浅く腰かける場面は必要ですが、腰かけている時にはベッドの柵や車いすのアームレストなどつかまっていることのできる場所に必ず手をかけるようにしましょう。

また、移乗介助の際には足元付近にベッドの鉄パイプや車いすのフットレストなどあります。
これらは気をつけていてもぶつかりやすいものです。
少しでもぶつかると皮膚の弱い高齢者は皮膚が剥離してしまいますから注意して移乗介助をする必要があります。

他にも、小さなことに思われますが、移動の際にズボンを引っ張ってしまうとズボンが上がりすぎて食いこんでしまうことがあり、これは意外と不快なものです。
気になっても要介護者の中には自分でくいこんでいるものを直せない人もいます。
きちんとズボンを引っ張りすぎないように気を付けること、もしも引っ張りすぎたらすぐに元の状態に戻すようにしましょう。