Home » 高齢者との接し方 » 入浴介助のポイント

入浴介助のポイント

入浴の効果

お風呂に入ることはただ清潔になるだけでなく血行促進やリラックス、安眠効果など沢山のメリットがあります。
高齢になってもお風呂に入るのが好きという人は多いです。

しかし、高齢になってくるとどうしても自分でお風呂に入ることが難しくなってきます。
そうすると介助が必要です。

お風呂での介助は転倒でのトラブルや急な体調不良もあり素早く正確に行う必要があります。
トラブルなく気持ちよくお風呂に入る言ことができるよう、ポイントはきちんと押さえておくことが必要です。

お風呂の介助手順

お風呂に入る際は急な温度変化で体調を崩さないようあらかじめ脱衣所やお風呂の気温を25度ほどに保っておくことが大切です。
できるだけほかの部屋と温度差が内容にしておきます。

お風呂に入るまでにトイレは済ませておき、バイタルチェックをしてお風呂に入れる状況か確認が必要です。
万が一体調が悪そうであったり異変が感じられたりしたら入浴は避けます。

問題ないと判断で来たら衣服を脱いでお風呂に入る準備をしますが、この際椅子に座って手すりがつかめるようにしておくと転倒予防に効果的です。
麻痺がある場合には麻痺がない方から脱ぎます。
床ずれや肌への異変がないか確認すること、服は着脱視野やすいものを選ぶのもポイントです。

お風呂に入る場合には滑りにくい椅子に腰を掛けて手すりにつかまります。
お湯は足元からかけてから体を洗いますが、陰部は洗える場合には本人が洗うようにしましょう。

お風呂から上がる際には足裏から拭くようにすると転倒防止で滑りにくいです。
その後乾いたタオルで全身を拭いて椅子に座って服を着ます。
服を着たら座ったままの状態で耳掃除や爪切り、保湿クリームや薬の塗布といったことを行うと作業がしやすいです。

お風呂上りにもバイタルチェックは行います。
体が冷えて風邪をひかないようにするのはもちろんですが、体調に変化がないか確認も行うようにしましょう。

入浴介助をする際の注意点

お風呂に入る際は空腹時や食後すぐの時間は避けるようにします。
食後2時間ほど経っているとお腹も落ち着いていてトラブルも起きにくいです。

お風呂に入る際には熱いお湯は体に負担がかかります。
そこで温度は40度くらいが適温ですが、夏場や血圧が高い人には38度くらいが適温です。
浴槽には5分ほど浸かり、入浴時間はトータルで15分ほどを心がけます。

お風呂での移動は滑りやすいので転倒をしないようにしっかりと支えるようにしますし手すりを常に持てるように気を付けながら行動をすることが大切です。
普段から自分できちんと動ける人でもめまい、ふらつき、といったことで転倒をすることもあります。
万が一のことがないように細心の注意を払って座らせたり椅子に座らせたりするようにしましょう。