Home » 高齢者との接し方 » 家の中の危険を減らす

家の中の危険を減らす

家の危険を排除しよう

若い人にとって、家の中というのは安全な場所にほかなりません。
外よりも家の中が危険に感じることは、まあまずないでしょう。

しかし、これが高齢者のこととなるとそうとも限らないのです。
実は、高齢者の方の事故の発生率を見てみると、自宅で起こしていることが最も多く全体の77%を占めています。

これは、高齢者になるにつれて外出の機会が少なくなり、必然的に他の場所での事故が少なくなっている、という理由も確かにあります。

しかし、同時に家の中にも危険が潜んでおり、それが原因となって事故が発生しているケースも多いのです。
若い人にとっては考えられないような事故も、高齢者になると十分注意しなければなりません。

ただ、これは高齢者自身ではなかなか対処するのが難しい問題です。
そのため、周りの若い人がそれを見つけ、進んで家の中から危険を取り除くようにしていきましょう。

場所と原因

それでは、住宅の中の危険についてより細かくフォーカスしてみましょう。
場所別で見ると、最も事故が多かったのが「居室」で、ついで「台所」、「階段」、「玄関」と続きます。
これらの場所に共通しているのは「歩く機会が多い場所」であることでしょう。

階段

例えば居室の場合にはトイレに行って戻ってくる、という時にも歩く機会があります。
さらに、台所の場合には料理中に食材を出すために歩く必要がありますし、階段や玄関は言うまでもありません。
この「歩く」という行為が年令を重ねると危険なものになってくるのです。

ちなみに、事故の内容は「転落」が最も多く、ついで「転倒」が多くなっています。
歩行中に何かしらの原因によって落ちてしまったり、転んでしまうことがあるわけです。

では、どのようなことがこれらの事故を引き起こす原因となるのでしょうか。
その1つであるのが「段差」です。

階段のように大きな段差はだんだんと越えにくくなり、体力を消耗するようになってきます。
それに加えて、部屋と部屋の間の段差などでも簡単につまづき、転んでしまうようになるでしょう。

また、この転倒も若い人にとってはそれほど大きな事故に繋がるものではありません。
しかし、高齢者の場合には別です。

まず高齢者の方は反応速度が鈍くなってしまっているため、自分が転んだことがわかってから着地するまでの間に受け身を取ることができません。

当然手を出す場面でも間に合わず、頭から転んでしまうようなこともあるのです。

さらに、体が弱っていることも問題の1つです。
骨粗鬆症のように骨が弱っていると、転ぶ前に躓いた時点で足の指の骨が折れてしまう事も有り得ます。

くしゃみをするだけでも肋骨が折れる可能性があるほどです、転んだ時にどれだけのダメージがあるのか、想像に難くないでしょう。

若い人が自分のイメージで考えるのではなく、より高齢者の目線に立って家を改修していくことが重要です。