Home » 高齢者との接し方 » 着替え介助の基礎知識

着替え介助の基礎知識

毎日行われる着替えの介助

着替えの介助は毎日の生活の中で何度か行われるものです。
清潔を保つためのも必要なことですが、ただしく介助をしないと転倒の危険もあります。

毎日のことですから介助者も負担の少ない方法を知っておくべきです。
介助にはコツがありますから知っておきましょう。

解除の準備物

介助をする際にはできるだけスムーズに行うことが必要です。
負担がかからないようにするためにはできるだけ段取り良く行うことが大切になります。
そこで着替えの介助がスムーズに進むためには事前に準備するものがあるのです。

まず、着替えをスムーズにするためには着替えやすい洋服を選びます。
人によっては麻痺が出ていて思うように体が動かないものもありますから、前開きのシャツや伸縮性のあるもの、マジックテープのもの、脇から袖が広くなっているものといった洋服は着脱がしやすいです。

また、着替えの際には下着の交換も行います。
そこで、肌着やパンツ、オムツやパッドといったものも用意をしておきその場で交換をしましょう。

もしも薬の塗布が必要な場合には着替えの際に合わせて行います。
医師から用意されている塗り薬や貼り薬も手元に用意しておくとスムーズですし何度も服の着脱の必要が無いです。

着替えをしている際には人に肌を見せることになってしまいます。
介護スタッフや家族であってもやはりあまりにも裸は見られたくないものです。
そこで、体を隠すためにもタオルやブランケットは用意しておくと必要以上に肌を見せる心配がありません。

また、着替えの際に長時間洋服を脱いだ状態になると体が冷えてしまいます。
高齢者は体が冷えて風邪を引いたり重症化したりすることもあるので寒くなりそうなときには防寒にもタオルケットやブランケット、バスタオルといったものは便利です。

着替えの介助をする際のポイント

介助をするにあたっては薄着になりますから温度管理は大切です。
冬場は特に作業をしている人は感じなくても室温はかなり下がっているということもあります。
そこで、室温を高めにして寒くないようにしておきましょう。

転倒や転落も着替え中に起こることがあります。
座っている際のバランスがとりにくい人、安定が悪く傾いてそのまま転んでしまう人など体の状態によって起こるトラブルは様々です。
できるだけ起こりうるトラブルは回避できるよう配慮して環境整備をしておきます。

プライバシーも着替えの介助で大切なポイントです。
できるだけ同性のスタッフが介助をするようにしたり、見えないように配慮をしたり、と自尊心を傷つけないようにするために配慮をするようにします。
毎日のことですからできるだけストレスがないように気をつけましょう。