Home » 高齢者との接し方 » 食事介助の基礎知識

食事介助の基礎知識

介護における食事の存在

介護中の高齢者の中には食事が楽しみという人はとても多いです。
しかし、介助の方法をきちんと行わないと食事は苦痛になってしまうことがあります。

高齢者にとって食事はきちんと行わないと誤嚥などのトラブルも起きやすいです。
きちんと安全に食べることは勿論ですが、食べていて楽しいと思える食事を心掛ける必要があります。

高齢者の食事の特徴

高齢者の食事はやわらかいものを用意します。
歯やあごの力が落ちてしまっていますから、しっかり噛むことが難しい人が多いです。
硬いものはのどを通りにくいですし、危険を伴います。

次に乾いたものも飲み込みにくいです。
高齢者は加齢とともにだ液の分泌も減ってきますし、のどの筋力も低下しますから、水分が少ないものは飲み込みにくくなります。
水分補給もきちんと行わないと脱水症状になることもあり危険です。

味覚が衰えることで料理の味付けは濃いものを好みます。
料理のニオイや味が強い方が食欲も出やすいです。

胃の粘液の分泌量も減少しますし腸の運動能力も低下しますから胃もたれや便秘をすることも増えます。
これは食欲低下の原因にもなるものです。

高齢者の食事の進め方

高齢者の食事で気を付けるべきことは誤嚥です。
そのリスクを下げるためには食事の姿勢がかかわってきます。

テーブルと椅子、車椅子での食事の場合には自分で座ることができるならば極力椅子や車椅子に座った方が食事の姿勢が保ちやすいです。
深く腰掛けて足が床にきちんとつくようにして、なおかつ膝が90度になると転倒を予防できます。
テーブルの高さも軽い前傾姿勢でひじが90度に曲がると適切です。

足が床にきちんとつくことで安定をするために食事もきちんと食べられます。
足がついていないと食欲が減退することもあるので注意をしましょう。

もしもリクライニングの車椅子で食事をする場合にはリクライニングを90度にすることが望ましいですが、人によっては90度がつらい場合もあります。
その際には無理に90度にするよりも角度を45度から90度までで座りやすい角度を保ち、しっかりとステップに足を置くことが大切です。
これはベッドでも同じで角度を調整するためにクッションを置いて調整をします。

食事に集中するためには事前に排泄をしておくようにしたり、テレビを消したりといった配慮も大切です。
食事の時間には楽しむことも大切ですがしっかりと食事に意識を向けることも必要になります。
ただし、部屋のテレビを消してあまりにも音がないとそれも集中しにくいという場合には音楽をかけてゆったりとした空間を作るのも一つの方法です。

口の中や手はきちんと清潔を保つようにしましょう。
誤嚥防止にもなりますし、感染症予防にもなります。