Home » 親孝行と旅行 » シンガポールの魅力と名所

シンガポールの魅力と名所

シンガポールという国の魅力

親をぜひとも海外に連れて行きたいという時の選択肢としてシンガポールを考える人がいるかもしれません。
シンガポールは東南アジアに属しており、マレーシアに隣接している国です。
規模としては小さな島であり、近年は貿易や工業などでかなり発展しています。

東南アジア旅行としてシンガポールは人気のある国であり、観光大国となっています。
日本との時差は-1時間となっているため、時差ボケを気にする必要がない点はありがたいです。
小さくまとまっている国のため、移動に時間がかかってしまうということはありません。

基本的にアジアに属しているためグルメは日本人の口に合いやすいものばかりとなっています。
シンガポールには意外と日本語で書かれている案内が多いため日本人が旅行しやすいです。
多くの日本人が住んでおり、日本人観光客の数も多いために日本語が通じやすいのです。

海外旅行が初めてだという方でもシンガポールであれば安心して旅行ができるでしょう。
シンガポールは国をあげて観光大国を目指しており、基本的に観光客に対しては優しい国となっています。
自然が多く残されている一方で都会的な部分もあり、さまざまな楽しみ方ができるでしょう。

シンガポールのポイント

シンガポール動物園はシンガポールを代表する観光名所となっていて、こちらは水路や熱帯雨林を上手く活かしており日本ではありえないような動物園となっています。
特に人気の動物はホワイトタイガーであり、間近で見るととてもキレイであり迫力があります。
その他にもシロサイやボンゴといった動物が自然の姿のままで生活している様子を見られます。

オランウータンは園内を自由に移動しており、シマウマやキリンなどを見ることもできます。
動物園に隣接してナイトサファリが存在しているのですが、こちらでは夜行性の動物を観察できます。
約130種類もの動物がいて、ライオンやトラ、ヒョウなどを見ることができるのです。

シンガポールは多くの民族が集まっている国なのですが、たとえばチャイナタウンは中華系のお店がたくさん集まっています。
激安グッズが揃っており、興味深いものをたくさんチェックできるでしょう。
リトルインディアと地区はインドのお店がたくさん立ち並んでいます。

自然に触れたいという方はボタニックガーデンというスポットを訪れてみましょう。
こちらは植物園であり、巨大な敷地の中にシンガポールの植物がたくさんあります。
シンガポールで一度は見ておくべきといえるのはマーライオンでしょう。

マーライオンは全長が8.6mもあり、かなりの迫力となっています。
シンガポールを旅する時には地下鉄とタクシーを利用すると良いでしょう。
日本と比べるとかなり安価となっているため、交通費の心配をする必要はないです。