Home » 親孝行と旅行 » 大分県の魅力と名所

大分県の魅力と名所

名物や江戸時代の風景を楽しむ

旅行先を考える時にあまり候補として思い浮かばないかもしれませんが、大分県はとてもおすすめです。
皆さんが想像されるよりも大分県というのは魅力あふれる地域となっているのです。
まず大分県は想像の通り自然豊かな地域であり、そのため山海の幸がとても豊富となっています。

たとえば大分名物とされているものにとりてんというものがあり、これは鶏肉を天ぷらにしたものです。
これは大分県に行った時にはぜひとも食べてもらいたいものであり、ご当地グルメとしてとても好評です。
大分は魚介類もとても美味しい地域なのですが、たとえばりゅうきゅうという大分の郷土料理や新鮮な魚を調味液に漬け込んでなじませたものであり、ご飯にもお酒にも合います。

大分県には江戸時代の頃からの街並みがそのまま残されているエリアがあり、かつて城下町として栄えていたころの雰囲気のある街を歩けます。
武家屋敷が残っていたり、石畳や土壁などを見ることもできるのです。
大分県には黒田官兵衛が改築したとされている中津城もあるため、城好きの方はぜひとも見ておくべきでしょう。

昭和の町がそのまま残されているようなエリアもあり、大分県豊後高田市には昭和の雰囲気を感じさせる商店街があります。
こちらに親を招待すれば、自分達が子供の頃のことを懐かしく思い出してもらえるでしょう。

温泉街でのんびり大分を満喫

大分県といえば温泉県として有名であり、源泉数や湧き出し量はともに日本一となっています。
非常に豊富な温泉が存在していて、温泉街も形成されているため、こちらでのんびりとした時間を過ごせるでしょう。
もし両親が温泉を好んでいるならば、ぜひとも温泉を中心とした旅を提案してみると良いでしょう。

大分県では別府八湯温泉まつりというものがあり、こちらはパレードやお神輿を楽しめて、さらには共同温泉が無料開放されます。
夜になると火祭が行われるのですが、山一面が真っ赤に燃え上がる様子を楽しめます。
夏の風物詩となっているのは大分七夕まつりであり、機関中は七夕飾りが常に存在していて、夜になると山車と踊り隊が目立ちます。
秋になると幻想的な雰囲気を感じさせてくれるたけた竹灯籠祭りがあり、大分県の竹田市で開催されています。

大分県の自然を満喫したいならば、たとえば稲積水中鍾乳洞は日本で最大の水中鍾乳洞となっていておすすめです。
水の中にある鍾乳石を見ることができて、世界的にも珍しいスポットとして知られています。
他にもいろいろな施設やスポットが存在していて、大分県の知られざる魅力が理解できるようになるでしょう。
時間に余裕のあるスケジュールを考えて、じっくりといろいろな要素を楽しんでもらいましょう。