Home » お別れに備える » 家族葬という形

家族葬という形

葬儀を考える

亡くなった人とお別れをする最後の場となるのが「お葬式」です。
お葬式のことを考えるのは終活のひとつの形であり、できるならば両親と生前に話し合っておきたいところでしょう。

人によっては自分の葬式に対して、ある程度のポリシーや希望を持っていることもあります。
要望に沿った形で送り出してあげるのが、残された側としてやるべき親孝行といえるのではないでしょうか。

そこでここでは、現在日本でおこなわれている葬儀の形式について紹介します。
まず大前提として、日本における葬式はそのほとんどが仏教式です。

キリスト教式や神道式の葬儀もあるものの、対応している葬儀社が少ないことや、そもそも信奉している人が少ない関係上、あまり採用されることはありません。

そのため、ここではあくまでも仏教式における葬式のスタイルを掘り下げていきます。

1つ目に紹介するのは、一般葬です。
文字どおりもっとも一般的に採用される形式であり、通夜と葬儀(告別式)を2日にわたっておこなうものを指します。

一般葬

従来、通夜は夜通しでおこなうものでしたが、最近では早い段階で切り上げる半通夜形式を取るところが多くなってきました。

特に東京をはじめとした大都市圏ではこの形式を取ります。
ただし、地方によっては全通夜を採用しているケースもあります、自分の地域の風習と合わせて考えてみてください。

2つ目に紹介するのは、家族葬です。
通夜や告別式をおこなわず、親しい家族だけで送り出す形式となります。

告別式の代わりに小規模な集いを設けてそこでお別れをし、その後火葬をするのが一般的です。

一般葬に比べて小規模な形式であるため、家族にかかる負担が少なく済みます。
さらに、ゆっくりと故人についての思い出を語りながら送り出すことが可能であり、かかる費用も少ないのがメリットです。

家族葬についてもう少し知りたい方は、下記の参考サイトを参照してください。
>>https://shukatsu-mikata.jp/sougi/family

3つ目として紹介するのは、直葬です。
これは家族葬に当たることもおこなわず、火葬式のみをとる形式となります。

死因が特殊である場合、遺体の損壊が激しい場合などに採用するのが一般的です。
あまり積極的に採用するものではないということを、十分に覚えておきましょう。

特殊な葬儀形式

最近では、上記の葬儀にとらわれない、新しい形式の葬儀も増えてきました。
そのひとつが、音楽葬です。

これは葬儀の会場にオーケストラを呼び、盛大に葬送するというもの。
曲による葬送は日本においては特殊な形式ですが、故人が音楽が好きであった場合などに採用されます。

また、宇宙葬というものも登場しました。
これは遺骨の一部をロケットに乗せて宇宙に飛ばしてしまうという、なんともスケールの大きいも形式です。

このように、特殊な葬儀が登場してきているので、両親の希望に沿うような形式が見つかりやすくなったともいえます。
葬式の多様化が進む時代だからこそ、生前に話し合っておくことが大切になるでしょう。