Home » 親孝行と旅行 » スペインの魅力と名所

スペインの魅力と名所

スペイン旅行で行きたい、見たい、スペインの美しい名スポット

スペインというとサグラダファミリアなどでも有名なバルセロナが浮かびますが、スペインはバルセロナだけではなく、その他にも美しい景勝地や名スポット、世界的な観光地がたくさんあります。
例えばグラナダにあるアルハンブラ宮殿は、サグラダファミリアと並びスペインが世界に誇る名所です。
世界遺産登録されているこのアルハンブラ宮殿は9世紀、イスラム教徒の軍事施設のみ建設されたもので、スペインという場所にいながらイスラムの文化を感じることができます。

イスラムの繁栄をイメージさせるこの宮殿は逆に、スペインの光と影を連想させる建物です。
スペインはイスラム教徒に支配されていたという歴史を持っています。
コルドバなどの都市ではいくつかのイスラム王朝が生まれては消滅し、キリスト教徒も国土回復運動を行っていました。

イスラムに支配されている土地を再びキリストの血としてよみがえらせるのだという強い思いで、運動を行っていたのです。
この国土回復運動の事をレキコンスタといい、その場所として完成したのが、アルハンブラ宮殿です。

スペインにとってこのアルハンブラ宮殿は栄光と苦労に満ちた支配時代を彷彿とさせる歴史を持った建物ということになります。

白い都市ミハスの美しい風景に脱帽

ミハスはスペイン、アンダルシア州、マラガ県にある都市で、ここにはこの辺り特有の白い村が点在しています。
中心都市として注目されているのがミハスであり、白い村の中心となっている都市です。
青く美しく輝く地中海と、青く澄み渡ったスペインの空、そこに光るように存在する真っ白な壁を持った建物、その美しい事といったら絵画の世界に入りこんだようなイメージです。

海の近くの街として存在するこのミハスは、美しい白い壁に挟まれた狭い道を抜け、高台からは地中海の美しい青を見ることができます。
壁にはそれぞれの家の方々が飾る花々が白い壁を一掃引き立たせています。
スペイン独特のこの風景は、スペインに行くなら一度みておきたい風景です。

イスラムとキリスト文化を色濃く感じる不思議な街並み「コルドバ」

イスラム教に支配されていたという歴史を持っているスペイン、そのコルドバという南スペインの都市では、イスラム教とキリスト教の文化が混ざったような不思議な世界を見ることができます。
イスラム教の建築物として建築され、後世になりキリスト教会に転用されることになったメスキータは赤と白の縞々模様が独特な雰囲気を醸し出している、その他に例をみない建築物です。

この街の街並みも白い壁に赤や黄色のカラフルな窓枠など、美しくキュートなイメージがあります。
女性の旅行なら、こうした風景は絶対に喜ばれると思いますし、SNSにアップする写真がたくさん撮影できそうです。

バルセロナだけではなく、ちょっと足を伸ばした先に、見たこともないような景色が広がるスペインはどこに行っても魅力を感じます。
また陽気なスペイン人は気持ちよく観光客を迎えてくれるので、旅が一層楽しくなります。